FC2ブログ

もうすぐ春

少しずつ暖かくなってきました!
まだまだコロナで非常事態宣言は続いていますが、ワクチン接種が始まったりと、少し明るい兆しが見えて来たかな?って感じの今日この頃です。

最近のアトリエの作品を紹介します!

DSCF3510.jpg
A4よりも大きい作品です。色はインクジェットプリンターで薄い和紙にプリントしたものを、雁皮刷りと同じやりかたで台紙に貼り込んでいます。





DSCF3503.jpg

DSCF3505.jpg
同じ作者の方の2作品です。エッチング・アクアチントに雁皮を染めたものを使っています。




DSCF3504.jpg

DSCF3507.jpg
これも同じ作者の方の2作品です。色は、茶色を詰めた後油膜のみオレンジ色を残して刷っています。




DSCF3508.jpg
エッチング・アクアチント作品。バックの調子はクレヨンを使っています。




DSCF3509.jpg
基礎コースの方の初めてのアクアチントを使った作品です。




暖かくなった代わりに花粉がキタ〜〜〜って感じですが、マスクを常用しているためかあまり感じないですね〜。
早くマスク無しでもオッケーな日が訪れますよう。 (顔出して外歩きたいよう)

木口木版に挑戦

緊急事態宣言、相変わらず続いてます。
少し感染者数が減ったようですが、果たして2月7日に解除されるのかは微妙ですね〜。
アトリエは受講生の皆様に手洗い、マスクなど感染対策をお願いして、3人体制で開講しています。

さてさて、いつもメゾチント作品を制作してるKさんが、お正月に木口木版の版木とビュラン2本を購入したそうで、「これからチャレンジしたい」と版木を持っていらっしゃいました!

IMG_7990.jpeg

木口木版とは、木を輪切りにしたものを版として、銅版画のエングレーヴィング技法で使うビュランという工具を使って掘っていくもの。
凸版刷りなので、彫ったところは白くなるという、銅版画のメゾチント技法と親和性の高い技法です。

ちなみに、普通の木版画は「板目木版」と言って、木を縦方向に切ったものをシナベニヤにした版を使います。
こちらはわりと柔らかめで、彫刻刀で楽に彫れますが、あまりに細かい絵柄は木が裂けてしまったりします。

それにひきかえ、木口木版はつげや桜の木の輪切りなので、とても硬いのです。
故に、細かい線描をビュランで彫っていくのに適しています。

木口木版の画像を検索するとやはり細かい絵ばかりですね!
というか、細かくない絵なら板目木版で良いわけなので(笑)木口木版のアイデンティティーは細密に細かい絵柄と言えるでしょう。

上の版木は、買ったものを1500番くらいの耐水サンドペーパーでツルツルになるまで磨き、墨汁を塗った状態。

これを、ビュランという工具で彫っていきます。

IMG_7991.jpeg

エングレーヴィングという銅版の技法は職人技と言えるくらい大変なものですが、木口木版だと相手は硬いとはいえ木ですから、まだ少しは楽に掘ることができます。

IMG_7997.jpeg
これはウン十年前に自分が学生時代に作った木口木版の版木です。
残念ながら刷った作品自体はどっかにいっちゃったんですが(笑)
昔の記憶をたどりつつ、Kさんの木口木版制作をプッシュしていきたいと思います〜。

明けましておめでとうございます!!

あけましておめでとうございます。
今年も「版画のミクロコスモス INFORMATION」をよろしくお願い致します。

さてさて、新年が明けたと同時にまた首都圏では緊急事態宣言が発せられるということ。(>_<)
なんですか、暗い年明けですが、今回の自粛対象は主に飲食店で、夜8時までの不要不急の外出ということですので、当アトリエのような少人数の絵画教室は対象ではないようです。

どうなるか先の予測がつきませんが、とりあえずは今まで通りに1回3名の教室を運営していく予定です。
受講生の皆様も、去年と同様、玄関先での手の消毒、マスクの着用をよろしくお願いしますね〜。

今年もよろしくお願いします。

年末です!

早いものでもう年末です。
コロナ禍のため、なんだかあっという間の一年でしたね〜。

12月のアトリエの作品をご紹介します。




DSCF3496.jpg
エッチングのみの作品。A4くらいのサイズの作品です。




DSCF3502.jpg
メゾチントの3連の作品。




DSCF3500.jpeg

DSCF3499.jpeg
同じ作者の方の2点の作品です。エッチングに、上の細長い作品はマジックインクを使っています。




DSCF3498.jpeg
エッチング、アクアチント。壁の部分はダーマトグラフでマチエールを作っています。雁皮と色紙のコラージュによる1版多色刷り。




DSCF3497.jpeg
2色のインクによる一般多色刷り。




DSCF3501.jpg
初めての方のエッチング作品です。




今年もたくさんの作品を見ることが出来て楽しい一年でした。
来年はコロナが収まって、より自由に制作ができるようになると良いですね〜。

皆様 どうぞ良いお年を〜。

暖かい11月 作品紹介

10月下旬から寒かったのですが、ここのところ遅れた秋晴れ・行楽日和になりましたね〜。
今日から世間では3連休ですが、アトリエは稼働中です(笑)

最近のアトリエの作品をご紹介します。


DSCF3491.jpeg
2枚組の作品です。エッチング・アクアチント作品。下地にマジックインク、しろいコンクリートのような質感は、アクアチントにクレヨンを使用しています。




DSCF3488.jpg
手のひらサイズの小品。エッチング・アクアチントで、和紙に刷っています。




DSCF3489.jpeg
エッチング・アクアチント、ドライポイント、ソフトグランド。色はパソコンでインクジェットプリントで淡い肌の色など刷っています。その他に版の塗り分けも使っています。



DSCF3490.jpeg
エッチング・アクアチント作品。




DSCF3495.jpg
エッチング・アクアチント作品。




DSCF3493.jpg
エッチング・アクアチントに雁皮刷り。




DSCF3494.jpeg
基礎コースの方の、初めてのエッチング・アクアチント作品。




連休終わり頃からまた急に寒くなるそうですので、皆様健康にご留意くださいね。

プロフィール

管理人:中込洋子
「永沼版画アトリエ」
管理人のやっている銅版画工房です。 詳しくはこちらをご覧下さい。

銅版画とリトグラフを中心とした版画の技法の情報サイト

2019年3月以前のブログ
旧[INFORMATION]はこちら

アトリエ版画アルバム

ミクロコスモス版画展

Twitter

Twitter

全記事表示リンク

日本ブログ村

にほんブログ村 美術ブログ 版画へにほんブログ村 美術ブログへ

検索フォーム

当サイトのバナーです