fc2ブログ

アトリエおさめ

今日がアトリエ 2022年最後の日でした〜。
一年って早いですね。(毎年言っていますが)
来年のアトリエの予定を5月の展覧会までアップしてみましたが、月に2回のクラスなんかは、あと8回しかないんですね。(◎_◎)
5月の展覧会と言っても5月の初めの方ですから、正味4ヶ月!

もちろん展覧会直前には受講生の皆様のご要望で追加の日も設けたりしますが、ここはまず、カレンダーとにらめっこして、予定をちゃんと立てて制作しましょう。

さて、今年最後のアトリエの作品紹介です!




DSCF3748.jpg
エッチング、アクアチント。木の根っこの部分の黒はメゾチントを使っています。




DSCF3753.jpg
エッチング・アクアチント。色は雁皮を染めています。




DSCF3751.jpg
いろいろなマチエールを使った実験版だそうです。洋梨の一番左は、わざと松脂を沢山撒いて熱して、パリパリになったものを腐蝕したもの。真ん中はグランドをガソリンをつけたウエスで叩いて腐蝕したもの。一番右はどうやったか覚えていないそうです(笑)




森のパーティー
鉛筆エッチングと手彩色の作品です。




次は蔵書票です。

DSCF3752.jpg

カエルちゃんの水浴び




次に立体作品をご紹介しましょう。

DSC_0070.jpg

DSC_0060.jpg

2枚めの写真の右の立体、「サイコロ」に見立ててあって面白いですね!

どうやって銅版画で立体作品作るのかというと、作品を雁皮「のみ」に刷って、好きな形に切りコラージュします。

通常の「雁皮刷り」で、糊を塗る過程を省いて刷るのです。木口木版では雁皮のみに刷るのが普通ですが、それを銅版画でもやってみると、いろいろ手間はかかりますがちゃんと刷れます。

だいぶ前に私 中込の作った立体作品はこちら。
rittai1-1.jpg

rittai2-2.jpg



こうなってくると「銅版画」と言うよりは「銅版画を素材としたコラージュ」ですね。
でも、一つの完成された作品とはまた別の形ができて楽しいし、作品の発想もどんどん広がっていって面白いと思いますので、受講生の皆様もぜひ一度トライして見てくださいね!
「雁皮のみ」に刷るのはいろいろノウハウがありますが、ちゃんと上手くできますよ〜。(バッチリ伝授します!)




さてさて、今年もこのブログを見てくださった皆様、受講生の皆様、お世話になりました。
来年も、この版画のミクロコスモスと、「ミクロコスモス版画展」もどうぞよろしくお願いします。

それではよいお年を〜!!

12月です!

ついに年末になってしまいました〜!
年々時間が経つのが超早くなってるような…(汗)
来年の展覧会まであと半年になりました。これまたあっという間ですね〜。
さて、今回も作品と蔵書票をご紹介します。




カエルちゃんの特別な日

プレゼント交換2
同じ作者の方の作品2点。
上はエッチング、下はソフトグランド使用の鉛筆エッチングで、手彩色をしています。




DSCF3746.jpg
エッチングに、染めた雁皮で色をつけています。




DSCF3742.jpg
エッチング、アクアチント、解墨のような調子はマジックインクです。これも雁皮を染めて色をつけています。




DSCF3745.jpg
4点のエッチングの組作品です。




ここからは蔵書票の作品です。

DSCF3743.jpg

DSCF3744.jpg

DSCF3747.jpg

みんな個性はいつもの作品のとおりだけど、文字が入ると違った雰囲気が出て面白い!
1点作ってみたら楽しいのでもう1点作ります、という受講生の方もいたりして、なかなか良い企画でした(自画自賛…w)

展覧会で27点ズラーッと並ぶのが楽しみです!!

秋晴れ

ずーっと雨降りだったのがスカッと秋晴れになりました。今日はまたちょっと曇り空ですが…
明日も暑くなるらしいですね。ようやく行楽日和になりました。
最近のアトリエの作品をご紹介します!




DSCF3727.jpg
エッチング・アクアチント。茶色のインクで雁皮刷りしています。




DSCF3730.jpg
エッチング・アクアチント作品。一見リトグラフのような調子に見えるのは、針を割り箸のようなものにつけて複数の点を打つ道具でエッチングをしています。




DSCF3734.jpg
手のひらサイズのエッチング小品です。




DSCF3735.jpg
エッチング・アクアチント作品。インディゴブルーの単色刷りです。




DSCF3741.jpg
細長い作品が続きます。メゾチント作品です。




さて、来年の展覧会では蔵書票コーナーを作って、さらにメンバーで交換会をやろうと言う話になり、新しいジャンルということで皆様やる気モリモリです(笑)
だいぶ作品ができてきました。ここからは蔵書票の作品です。




DSCF3731.jpg

DSCF3732.jpg

DSCF3736.jpg

DSCF3737.jpg

DSCF3740.jpg





大体6、7cmの小さい作品が多いですね。上の一番大きいサイズでもハガキ大くらい。
前回紹介した私・中込のはハガキを半分に下くらいのサイズです。
文字のデザインも込の作画なので、なかなか考えるの面白いです!
お友達に頼まれて作った、などという方もおり。
それこそメンコみたいに交換して楽しむなんていいですね〜。(刷るの大変ですが)

展覧会までにどんな作品ができるか、楽しみです。

コロナ騒ぎと蔵書票

先週末から今週いらっしゃる予定のアトリエ受講生の皆様にはお知らせしたんですが、実は私のオットがコロナにかかってしまいました〜!!

で、私はなんと濃厚接触者に!(◎_◎)
家に個室とかもないし、こりゃ、私も多分感染ってるかな〜と思ったら、PCR検査の結果は陰性でした。
今に至るまで症状もなし…

オットも熱も1日ですぐ下がって、まあピンピンしてる元気な2人ですが、ようやく昨日隔離期間が終わりました〜。
私は実は気管支炎とか肺炎系は過去にこじらせることが多く、かなり心配したんですが大丈夫でした。

アトリエも先週の土曜日から今週の土曜日までお休みにさせて頂いて、本当に受講生の皆様には多大なるご迷惑をおかけしました。m(_ _)m
来週、9月27日火曜日クラスから平常運転に戻しますので、皆様どうぞ安心していらして下さい。

さて、私は一週間半くらい、まるまる予定が空いてしまい、なにやろうかな〜と思案してアレやっちゃおっかな、と一気に作っちゃいました(笑)

蔵書票!!


IMG_9856.jpg

エッチング、ディープエッチング、アクアチント(松脂荒まきとスピッドバイドアクアチント)です。

私、スピッドバイドアクアチントって大変苦手だったんですが、今回はなぜかちゃんとできました!
思った通りの濃度に垂らしたところがアクアチントかかりました!

また、今回は最近買ったiPadを使って、アップルペンシルでデジタルに下絵を書いたり、原寸大に印刷したり反転したり、イメージを作るのにかなりデジタルガジェットを利用してみました。
最近は受講生の皆様もiPad活用されてますしね!真似というか、置いてきぼりにならないように(笑)

我がアトリエは大変細かくて繊細な絵の方が多いのですが、銅版画は「ザクザク」作ってもオッケーですよと主張している作品でございます(笑)

写真では分かりづらいけどセピアで刷ってます。
色分けとか雁皮とか、どうしようかな〜と悩み中。

9月だけどまだ暑い〜

朝晩は涼しくなってきたけれど、まだまだ暑いですね〜。
しかも、来週は台風がやってくるらしい。

制作日和とはいきませんが、順調に作品刷りあがってます。
最近の作品をご紹介します〜。




DSCF3720.jpg

DSCF3726.jpg
作風がだいぶ違いますが同じ作者の方の作品です。上の作品は写真製版した銅版にエッチングで書き加えて、インクジェットプリンターで薄い和紙に色をつけたものを雁皮刷りの要領で刷っています。
下の作品はエッチングを長時間腐食し、周りはマジックインクで調子をつけたものです。




DSCF3722.jpg
エッチング作品。雁皮を染めて刷っています。




DSCF3725.jpg
手のひらサイズの小品。蔵書票です。




DSCF3724.jpg
エッチングとマジックインクを使った作品。雁皮を染めて刷っています。




DSCF3723.jpg
ソフトグランドを使った鉛筆エッチングの作品です。


台風が心配ですが、来週も無事にアトリエで制作できますように。
早く涼しくなってほしいですね〜。


プロフィール

管理人:中込洋子
「永沼版画アトリエ」
管理人のやっている銅版画工房です。 詳しくはこちらをご覧下さい。

銅版画とリトグラフを中心とした版画の技法の情報サイト

2019年3月以前のブログ
旧[INFORMATION]はこちら

アトリエ版画アルバム

ミクロコスモス版画展

Twitter

Twitter

全記事表示リンク

日本ブログ村

検索フォーム

当サイトのバナーです